監督 ドイツ(ブンデスリーガ)

ユリアン・ナーゲルスマン

投稿日:2018年10月14日 更新日:

国内最年少監督にして最高評価を得る監督、新進気鋭の戦術家

ユリアン・ナーゲルスマン
引用元:goal.com

監督経歴

現役引退後、スカウトなどを経てホッフェンハイムU-19チームで本格的な監督キャリアをスタートする。当時20代でU-19のチームを優勝に導くなど頭角を表していった。

ホッフェンハイムの躍進

2015シーズン途中からホッフェンハイムのトップチームを指揮を取り始める。降格圏内だったチームを立て直し残留する。翌2016-17シーズンには上位争いをするまでのチームへと変貌させる。見事4位フィニッシュで、クラブ初のチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。28歳でのブンデスリーガ監督は史上最年少。

RBライプツィヒ

2018-19からRBライプツィヒの指揮を取り、就任シーズンでチャンピオンズリーグ予選の首位通過、ベスト8進出を果たす。32歳でのベスト8達成は、チャンピオンズリーグの最年少記録となる。

主な戦術・フォーメーション

3-1-4-2(3−5−2)の表記が多い

攻撃時は主にウイングバックが高い位置で幅を取る。2トップ+インサイドMF2枚が中に絞り、数的優位を作り出すのが基本コンセプト。

監督データ

名前
name
ユリアン・ナーゲルスマン
Julian Nagelsmann
国籍
country
ドイツ
生年月日
birthday
1987年7月23日
指揮チーム
team
2016-2019 ホッフェンハイム
2019- RBライプツィヒ
マネジメント
management
政治力
politicalpower
育成力
fostering
補強力
reinforcement

その他データ

服装
dress
趣味
hobby

参考URL

ユリアン・ナーゲルスマン – Wikipedia

-監督, ドイツ(ブンデスリーガ)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ルチアーノ・スパレッティ

ゼロトップ生みの親、選手配置と機能美に長ける戦術家 引用元:goal.com 監督経歴 エンポリの下部組織から指導者を始め、同クラブで監督デビュー。以降、ウディネーゼ、ローマ、インテルなど国内のクラブ …

ラルフ・ラングニック

一線を退くも受け継がれる、強度の高いハードプレッシング 引用元:goal.com 監督経歴 現役引退後、アマチュア・2部リーグと経験を積み上げ、ハノーファーやTSG1899ホッフェンハイムを1部昇格に …

マウリシオ・ポチェッティーノ

内に秘めた情熱が溢れ出るアグレッシブなプレースタイル 引用元:goal.com 監督経歴 RCDエスパニョールで現役を34歳で引退。そのまま2009年に低迷中のRCDエスパニョールで監督キャリアをスタ …

トーマス・トゥヘル

上昇志向の戦術家、フォーメーションは始まるまでのお楽しみ 引用元:goal.com 監督経歴 怪我による引退後、20代で指導者への道を目指す。マインツのユースで頭角を現し、36歳でトップチームの監督と …

ルディ・ガルシア

ポゼッションベースで攻守にバランスの取れたチーム作りに定評あり 引用元:goal.com 監督経歴 現役引退後、地元の小さなクラブで監督キャリアをスタート。本格的な監督業は2001年当時2部だったサン …