監督 ドイツ(ブンデスリーガ)

トーマス・トゥヘル

投稿日:2018年10月14日 更新日:

上昇志向の戦術家、フォーメーションは始まるまでのお楽しみ

トーマス・トゥヘル
引用元:goal.com

監督経歴

怪我による引退後、20代で指導者への道を目指す。マインツのユースで頭角を現し、36歳でトップチームの監督としてキャリアを積み始め、マインツ、ドルトムント、PSGで成功を収める。

マインツという恵まれた環境

アウクスブルクからマインツU-19ですぐに成功したのは、アリゴ・サッキのゾーンディフェンスを系譜しているランゲニックの影響もあったとみられる。つまり戦術的な親和性も高く育成とコンセプトが合致していた。クロップ始め優秀な指導者が続々と排出されるのはクラブの環境やコンセプトにも要因があると言えるだろう。

主な戦術・フォーメーション

ポゼッション志向

原則根底にあるのはポゼッションサッカーだが、ドルトムント時代にはスピード系キャラクターを活かしたカウンターでも実績を出している。

433ベース

あくまでベースとしてだが、ドルトムントやPSGでは433が多い。

フォーメーション変更が激しめ

ドルトムント時代には顕著だったが試合ごとにコロコロフォーメーションを変更する。また、433で配置スタートしても、気づけば4231や3421に変更されていることも多い。対戦相手やシチュエーションによりフォーメーションを細かく配置変更する特徴を持つ。

監督データ

名前
name
トーマス・トゥヘル
Thomas Tuchel
国籍
country
ドイツ
生年月日
birthday
1973年8月29日
指揮チーム
team
2009-2014 マインツ
2015-2017 ボルシア・ドルトムント
2018- パリ・サンジェルマン
マネジメント
management
スター選手にもコミットさせる。管理強めで衝突もしばしば。
政治力
politicalpower
ドルトムント時代(解任)を見ると我が強く揉めがちな印象
育成力
fostering
中堅クラブでも実績あり。ドルトムント時代は主力青田買い後もデンベレやギュンドアンなど当時の若手を起用し2位フィニッシュしている。
補強力
reinforcement
派手な補強はあまりない。どちらかというと戦術落とし込みに力を注ぐ。

その他データ

服装
dress
ジャージ多め。ダウンベストみたいなのも時々着用。
趣味
hobby

参考URL

トーマス・トゥヘル – Wikipedia
マインツに息づくサッキ流【後編】ドイツ屈指の「指導者養成所」に

-監督, ドイツ(ブンデスリーガ)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マッシミリアーノ・アッレグリ

選手特性と狙いを噛み合わせる、流動性の魔術師 引用元:goal.com 監督経歴 セリエCから監督キャリアをスタート。サッスオーロを率いてセリエBに昇格、その後セリエAのカリアリで評価をさらに高めたの …

ラファエル・ベニテス

ラルフ・ラングニック

一線を退くも受け継がれる、強度の高いハードプレッシング 引用元:goal.com 監督経歴 現役引退後、アマチュア・2部リーグと経験を積み上げ、ハノーファーやTSG1899ホッフェンハイムを1部昇格に …

アントニオ・コンテ

熱血漢が築き上げた、戦術的可変3バック 引用元:goal.com 監督経歴 ユヴェントスでの輝かしい選手キャリアを終えて、監督業への道へ進む。セリエBのアレッツォから本格的な監督キャリアをスタート。セ …

イビチャ・オシム