サッカー監督の基礎知識

サッカー監督はなぜスーツか

投稿日:2018年9月29日 更新日:

監督はなぜスーツ?

監督がスーツを着る理由とは?

特に規約等で決まりが存在している訳ではないようです。伝統的な風習として残っていますが、現在は監督によって様々です。諸説ありますので、いつくか紹介いたします。

紳士のスポーツだから

サッカーの母国イングランドでは、ラグビーやフットボールは紳士のスポーツとされているためそこが発祥となり、身だしなみとして現在も受け継いでいるというものです。

選手との区別を明確にするため

グランド上では選手と異なり、ピッチ上では選手と違うということを明確にするという目的があるとも言われています。

スポンサーやオーナーとの挨拶がある

当然多くのクラブはスポンサーに支えられているため、スタジアムでオーナーやスポンサーとの挨拶回りなどがあり、そこでジャージでは敬意に欠いているとも言えます。身だしなみを整えるのはマナーとも言えます。

Jリーグの規約には規定なし

Jリーグ規約・規程集 2020には審判員の服装に関する規定はあるが、監督についての言及は特に指定されていない。

ソースは確認できてないが、Jリーグ発足の1994年当時には監督はネクタイ着用というルールも存在していたようである。

スーツが似合う監督

スーツを着用することも多く、着こなしが様になっている監督を紹介します。

フィリッポ・インザーギ

宮本恒靖

ヨアヒム・レーヴ

ディエゴ・シメオネ

サウスゲート

サウスゲート

参考URL

Jリーグ公式サイト規約

-サッカー監督の基礎知識

執筆者: