監督 日本(Jリーグ) イングランド(プレミア)

アーセン・ベンゲル

投稿日:2018年10月14日 更新日:

人とボールが動くコレクティブなサッカーをプレミアに持ち込んだ第一人者

アーセン・ベンゲル
引用元:goal.com

監督経歴

RCストラスブールのユースから指導者の道へ進み、ナンシーで監督デビュー。その後モナコ、名古屋グランパス、アーセナルと実績を重ねる。日本代表監督の候補にも上がったが実現しなかった。チーム強化において監督という権限を超えてすべてを掌握し権限を持つことで有名。プレミアリーグに国際色豊かな補強やコレクティブなサッカーの流れを作った第一人者。

主な戦術・フォーメーション

442のコンパクトライン

オーソドックスな442を採用。ハイラインというほどではないがスピード不足のCBが裏を取られることが多く炎上しがち。

Wenger Ball

442というフォーメーション自体はプレミアで定石ではあったが、これまでになかった流動的に人とボールがハイテンポに動くコレクティブなサッカーで世界中のサポーターを魅了していった。絶頂期のアーセナルで魅せたワンタッチでテンポのあるサッカーはベンゲルボールと呼ばれていた。

監督データ

名前
name
アーセン・ベンゲル
Arsene Wenger
国籍
country
フランス
生年月日
birthday
1949年10月22日
指揮チーム
team
1984–1987 ナンシー
1987–1994 ASモナコ
1995–1996 名古屋グランパスエイト
1996-2018 アーセナル
マネジメント
management
政治力
politicalpower
育成力
fostering
補強力
reinforcement

その他データ

服装
dress
趣味
hobby
影響を受けた人物
affected

名言

パスは未来に向かって出せ
引用元:https://news.livedoor.com/article/detail/14257411/

参考URL

アーセン・ベンゲル – Wikipedia

-監督, 日本(Jリーグ), イングランド(プレミア)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ジョゼ・モウリーニョ

スペシャルワンのぶれない堅守速攻、コミットマネジメント 引用元:goal.com 監督経歴 選手引退後、ポルトガルでスポーツ科学を勉強し、リスボンで体育教師やユースのコーチなどの職を経験。ポルトガルの …

ワルテル・マッツァーリ

綿密に仕組まれたモダン3バックを流行させた知性派 引用元:goal.com 監督経歴 現役引退後、リボルノで監督キャリアがスタート。レッジーナ、サンプドリア、ナポリで実績を重ねていく。リボルノでは54 …

ロベルト・マンチーニ

個性強い選手と手堅い戦術を融合する巧みなマネジメント力 引用元:goal.com 監督経歴 現役引退後、指導者の道へ進む。ラツィオのコーチを経て、フィオレンティーナで監督デビュー。その後、インテル、マ …

ルチアーノ・スパレッティ

ゼロトップ生みの親、選手配置と機能美に長ける戦術家 引用元:goal.com 監督経歴 エンポリの下部組織から指導者を始め、同クラブで監督デビュー。以降、ウディネーゼ、ローマ、インテルなど国内のクラブ …

ジネディーヌ・ジダン

ここぞでスターを動かし勝負強さを発揮する、ミステリアスマネジメント 引用元:goal.com 監督経歴 2013年にアンチェロッティのアシスタントコーチとしてトップチームの副監督からキャリア積み始める …