監督 イングランド(プレミア) イタリア(セリエA) 欧州代表

ロベルト・マンチーニ

投稿日:2018年10月14日 更新日:

個性強い選手と手堅い戦術を融合する巧みなマネジメント力

ロベルト・マンチーニ
引用元:goal.com

監督経歴

現役引退後、指導者の道へ進む。ラツィオのコーチを経て、フィオレンティーナで監督デビュー。その後、インテル、マンチェスター・シティ、ガラタサライなどで実績を重ねていく。2020年現在はイタリア代表監督。

マンチェスター・シティを44年振りの優勝へ導く

FAカップを35年振りに獲得、翌11-12シーズンには44年振りのプレミアリーグ優勝。オーナーがUAEの投資会社へ変わってから積極的な補強が続いていたが、マンチーニ就任後に補強したヤヤ・トゥーレ、ダビド・シルバ、ミルナー、ジェコ、アグエロ、ナスリらのメンバーを中心にチームをまとめ上げ、マンチェスター・ユナイテッドに見事に競り勝った。

主な戦術・フォーメーション

433、もしくは4231を採用

マンチェスターシティやインテルでも基本的には4バックで、セントラルは状況に応じて使い分ける。メンバーによって変わることが多く、個を活かすマンチーニならではと言える。

監督データ

名前
name
ロベルト・マンチーニ
Roberto Mancini
国籍
country
イタリア
生年月日
birthday
1964年11月27日
指揮チーム
team
2001-2002 フィオレンティーナ
2002-2004 ラツィオ
2004-2008 インテル・ミラノ
2009-2013 マンチェスター・シティ
2013-2014 ガラタサライ
2014-2016 インテル・ミラノ
2017-2018 ゼニト・サンクトペテルブルク
2018- イタリア代表
マネジメント
management
政治力
politicalpower
育成力
fostering
補強力
reinforcement

その他データ

服装
dress
趣味
hobby
影響を受けた人物
affected
スヴェン・ゴラン・エリクソン

名言

毎日バロテッリと話をするには心理士が必要
引用元:https://www.soccer-king.jp/news/world/20120406/18031.html

参考URL

ロベルト・マンチーニ – Wikipedia

-監督, イングランド(プレミア), イタリア(セリエA), 欧州代表

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ユリアン・ナーゲルスマン

国内最年少監督にして最高評価を得る監督、新進気鋭の戦術家 引用元:goal.com 監督経歴 現役引退後、スカウトなどを経てホッフェンハイムU-19チームで本格的な監督キャリアをスタートする。当時20 …

マルセリーノ・ガルシア・トラル

乱れぬ442による欧州屈指のゾーンディフェンス使い。 速攻といなしのハイブリッド。 引用元:goal.com 監督経歴 26歳で選手生活を終えて、33歳から本格的な監督キャリアをスタート。スペイン一筋 …

カルロ・アンチェロッティ

選手個性を活かし組み合わせるスターマネジメント戦術 引用元:goal.com 監督経歴 2現役引退後、当時セリエBだったレッジーナで監督キャリアスタート。昇格を決めた後、パルマ、ユヴェントス、ACミラ …

ロベルト・ファルカン

ハンス・オフト