監督 イングランド(プレミア) イタリア(セリエA) 欧州代表

ロベルト・マンチーニ

投稿日:2018年10月14日 更新日:

個性強い選手と手堅い戦術を融合する巧みなマネジメント力

ロベルト・マンチーニ
引用元:goal.com

監督経歴

現役引退後、指導者の道へ進む。ラツィオのコーチを経て、フィオレンティーナで監督デビュー。その後、インテル、マンチェスター・シティ、ガラタサライなどで実績を重ねていく。2020年現在はイタリア代表監督。

マンチェスター・シティを44年振りの優勝へ導く

FAカップを35年振りに獲得、翌11-12シーズンには44年振りのプレミアリーグ優勝。オーナーがUAEの投資会社へ変わってから積極的な補強が続いていたが、マンチーニ就任後に補強したヤヤ・トゥーレ、ダビド・シルバ、ミルナー、ジェコ、アグエロ、ナスリらのメンバーを中心にチームをまとめ上げ、マンチェスター・ユナイテッドに見事に競り勝った。

主な戦術・フォーメーション

433、もしくは4231を採用

マンチェスターシティやインテルでも基本的には4バックで、セントラルは状況に応じて使い分ける。メンバーによって変わることが多く、個を活かすマンチーニならではと言える。

監督データ

名前
name
ロベルト・マンチーニ
Roberto Mancini
国籍
country
イタリア
生年月日
birthday
1964年11月27日
指揮チーム
team
2001-2002 フィオレンティーナ
2002-2004 ラツィオ
2004-2008 インテル・ミラノ
2009-2013 マンチェスター・シティ
2013-2014 ガラタサライ
2014-2016 インテル・ミラノ
2017-2018 ゼニト・サンクトペテルブルク
2018- イタリア代表
マネジメント
management
政治力
politicalpower
育成力
fostering
補強力
reinforcement

その他データ

服装
dress
趣味
hobby
影響を受けた人物
affected
スヴェン・ゴラン・エリクソン

名言

毎日バロテッリと話をするには心理士が必要
引用元:https://www.soccer-king.jp/news/world/20120406/18031.html

参考URL

ロベルト・マンチーニ – Wikipedia

-監督, イングランド(プレミア), イタリア(セリエA), 欧州代表

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アントニオ・コンテ

熱血漢が築き上げた、戦術的可変3バック 引用元:goal.com 監督経歴 ユヴェントスでの輝かしい選手キャリアを終えて、監督業への道へ進む。セリエBのアレッツォから本格的な監督キャリアをスタート。セ …

ルイス・ファン・ハール

時代に媚びないマン・ツー・マン守備、規律あるチーム構築で数々の栄光を掴む 引用元:goal.com 監督経歴 現役引退後、AZでアシスタントコーチを始める。本格的な監督キャリアはアヤックスでスタート。 …

ウナイ・エメリ

ロマンよりリアリズム、多彩かつ柔軟さを持つ戦術家 引用元:goal.com 監督経歴 選手時代から監督が驚くほどの戦術家だったと言われていたエメリは、現役引退後、ロルカ・デポルティーバCFに33歳とい …

フレン・ロペテギ

規律あるトランジションによるショートカウンター構築 引用元:goal.com 監督経歴 選手引退後、2部のラージョ・バジェカーノで監督キャリアが始まる。その後、若年世代のスペイン代表やポルト、スペイン …

ハビエル・アギーレ