監督 イタリア(セリエA)

マッシミリアーノ・アッレグリ

投稿日:2018年10月14日 更新日:

選手特性と狙いを噛み合わせる、流動性の魔術師

マッシミリアーノ・アッレグリ
引用元:goal.com

監督経歴

セリエCから監督キャリアをスタート。サッスオーロを率いてセリエBに昇格、その後セリエAのカリアリで評価をさらに高めたのち、ACミランやユヴェントスとイタリア一筋でキャリアを築き上げている。

コンテから引き継いだユヴェントスでの革命

当時セリエAを連覇していたユヴェントスの監督コンテが代表監督就任で突如辞任。その後を受けて世論の反発を受けながらも見事に連覇を継続し結果も残していった。ただ引き継ぎ、継続路線としたわけではなく、選手の入れ替えや配置も変え、戦術面でも改革に成功し、見事に進化させていった手腕は評価されている。

ロナウドの戦術アジャスト

基本的にはインテンシティもハードワークも求める監督だが、レアルから加入した守備に難のあるロナウドを戦術的にアジャストできたのはアッレグリの手腕も大きい。

戦術的に落とし込めているからこそ、サイドからトップに移動してもスムーズにメンバーの配置が変化できる。マンジュキッチやクアドラード、ディバラしかり選手の特性と狙いが噛み合った流動性そのものがユヴェントスの攻撃の軸と言ってもいいくらいである。

休養中

ユーヴェ退団後、完全休養中。次のステージは海外かとも噂されている。

主な戦術・フォーメーション

4-3-3、4-3-2-1が多いが、選手の組み合わせや相手に応じて変化も見せる。コンテユーヴェを引き継いだ際は3-5-2が定着していたが、ミラン時代からの中盤ダイヤへ的確なタイミングでシフトチェンジした。選手特性の見極めに優れるアッレグリならではと言える。

監督データ

名前
name
マッシミリアーノ・アッレグリ
Massimiliano Allegri
国籍
country
イタリア
生年月日
birthday
1971年11月3日
指揮チーム
team
2003-2004 ACアグリアネーゼ
2004-2005 SPAL
2005-2006 USグロッセート
2007-2008 USサッスオーロ・カルチョ
2008-2010 カリアリ・カルチョ
2010-2014 ACミラン
2014-2019 ユヴェントスFC
マネジメント
management
選手個人もそうだがチームマネジメントに長けている
政治力
politicalpower
クラブと揉めることはない
育成力
fostering
どちらかというと若手育成もできる
補強力
reinforcement
ビッグネームを好む

その他データ

服装
dress
基本スーツ
趣味
hobby
子どもたちと遊ぶこと

名言

監督はクラブの顔。試合でスーツを着ない指導者には罰金を科したいくらいだ
引用元:https://number.bunshun.jp/articles/-/839804

参考URL

マッシミリアーノ・アッレグリ – Wikipedia

-監督, イタリア(セリエA)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ルチアーノ・スパレッティ

ゼロトップ生みの親、選手配置と機能美に長ける戦術家 引用元:goal.com 監督経歴 エンポリの下部組織から指導者を始め、同クラブで監督デビュー。以降、ウディネーゼ、ローマ、インテルなど国内のクラブ …

マルセリーノ・ガルシア・トラル

乱れぬ442による欧州屈指のゾーンディフェンス使い。 速攻といなしのハイブリッド。 引用元:goal.com 監督経歴 26歳で選手生活を終えて、33歳から本格的な監督キャリアをスタート。スペイン一筋 …

西野朗

ルイス・エンリケ

チームを最適解でアップデートするリーダーシップ・統率力 引用元:goal.com 監督経歴 輝かしい選手キャリアを終え、バルセロナBから監督キャリアがスタート。ローマで結果が出せず1年で辞任するも、そ …

ホルヘ・サンパオリ

南米随一の攻撃的名将、ハイプレス哲学 引用元:goal.com 監督経歴 現役引退後、ペルーのフアン・アウリチを始めペルー国内のクラブでキャリアを積んだ後、エクアドルやチリのクラブで実績を重ねて評価を …