サッカー監督の名将たち GSCS

一流監督の特徴や戦術をまとめている監督名鑑サイト

サッカー監督一覧 日本代表

フィリップ・トルシエ

投稿日:2018年10月14日 更新日:

日本代表をW杯16強へ導いた強烈な規律と指導力

フィリップ・トルシエ
引用元:goal.com

監督経歴

U-15フランス代表からスタートし、フランス国内の4部、3部、2部リーグとキャリアをステップアップしていく。その後、コートジボワールやナイジェリア、ブルキナファソや南アフリカといった代表を率いて一定の成果は出すものの、強固な管理体制や行き過ぎる指導が理由で代表を去るのを繰り返していく。

日本代表監督

フランスW杯後に日本代表監督に就任。日本サッカー協会が熱望していたベンゲルに再三ふられてトルシエが紹介されるという流れがあり、日韓W杯を託された。

とにかく揉めがち

フランス国内でもクラブと揉め、コートジボワールでも態度を指摘され、ナイジェリアでも未払いで揉め、感情的にも抑えがきかないとしばしば言われることも多かった。晩年は丸くなったとかそうでないとか。

ワイン作りを始める

2014年にフランスのサンテミリオンに畑を購入し、ワイン造りを始める。「SOL BENI(ソルベニ)」というワインを限定生産していた。343というフォーメーション由来のワインとのこと。

主な戦術・フォーメーション

日本代表での代名詞「フラット3」

特徴的な戦術として3バックがフラットに並ぶ「フラット3」が挙げられる。3枚のDFがフラットに並び積極的にオフサイドを狙っていく守備戦術。

2002年6月4日 W杯 ベルギー戦

日本代表フォーメーション

監督データ

名前
name
フィリップ・トルシエ
hilippe Troussier
国籍
country
フランス、コートジボワール
生年月日
birthday
1955年3月21日
指揮チーム
team
1983-1984 フランスU-15
1984-1987 アランソン
1987-1989 レッドスター
1989 クレテイユ
1989-1992 ASECミモザ
1993 コートジボワール代表
1994 カイザー・チーフス
1995 CAラバト
1995-1997 FUSラバト
1997 ナイジェリア代表
1997-1998 ブルキナファソ代表
1998 南アフリカ共和国代表
1998-2002 日本代表
1999 U-20日本代表
1999-2000 U-23日本代表
2003-2004 カタール代表
2004-2005 マルセイユ
2005 モロッコ代表
2008-2010 FC琉球
2011-2013 深圳紅鑽
2014 CSスファクシアン
2015 杭州緑城足球倶楽部
2019-2021 U-19ベトナム
マネジメント
management
政治力
politicalpower
揉めがち。日本代表に来る前からいろいろと
育成力
fostering
補強力
reinforcement

その他データ

服装
dress
趣味
hobby
影響を受けた人物
affected

名言

「4年間の素晴らしい冒険は終わった」
引用元:https://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/202005190000122.html

参考URL

フィリップ・トルシエ – Wikipedia

-サッカー監督一覧, 日本代表

執筆者:

関連記事

西野朗

ジネディーヌ・ジダン

ここぞでスターを動かし勝負強さを発揮する、ミステリアスマネジメント 引用元:goal.com 目次1 監督経歴1.1 チャンピオンズリーグ3連覇の偉業達成1.2 アンチェロッティからの学び、選手ファー …

ジョゼ・モウリーニョ

スペシャルワンのぶれない堅守速攻、コミットマネジメント 引用元:goal.com 目次1 監督経歴1.1 異なる4カ国でリーグタイトル獲得、3大リーグでは史上初1.2 だいたい3年目くらいで崩壊フラグ …

ルイス・ファン・ハール

時代に媚びないマン・ツー・マン守備、規律あるチーム構築で数々の栄光を掴む 引用元:goal.com 目次1 監督経歴1.1 サッカー界からの引退2 主な戦術・フォーメーション2.1 352や4231を …

ルディ・ガルシア

ポゼッションベースで攻守にバランスの取れたチーム作りに定評あり 引用元:goal.com 目次1 監督経歴2 主な戦術・フォーメーション2.1 433が多い2.2 ローマで開花したポゼッションサッカー …